<九尺藤>カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)

 兵庫県丹波市の白毫寺(びゃくごうじ)(荒樋勝善住職)で「九尺藤」が見ごろを迎えた。夜間にはライトアップされ、幻想的な雰囲気が訪れた人を楽しませている。

 藤は先代住職が約20年前に植えた。幅9メートル、長さ約120メートルのL字形の藤棚からカーテンのように花房が垂れ下がり、光源の異なる2色の光に照らされている。今年は、4月になっても気温が十分に上がらず、生育が遅れていたが、ようやく花房が1メートルを超えるまで育った。

 ライトアップは今月中ごろまで。【小松雄介】

【関連ニュース】
徳王神社の藤:救いたい…一部に傷み、関係者が心配 愛知
掘り出しニュース:朝来藤うどん:ブルーベリーの味格別
藤の花:晩春彩る薄紫−−長浜・素盞烏命神社 /滋賀
藤:和田山・大町藤公園で見ごろ ライトアップも /兵庫
藤の花:色とりどり満開−−和気 /岡山

D51「撮り鉄」滑落か…がけ下に男性遺体(読売新聞)
千葉・医療再生の序章(中)―東部の二次医療圏に救命救急センターを(医療介護CBニュース)
新型インフル1年 “本物の危機”への対応は?(産経新聞)
【新・関西笑談】「カリスマ」のつくり方(1)モデル SHIHOさん(産経新聞)
浴室で練炭自殺?女性2人の死体 市川市(産経新聞)
[PR]
by vyhyjz9n9t | 2010-05-13 01:30