<中国毒ギョーザ>日本に捜査員を派遣へ 中国公安当局(毎日新聞)

 【中国総局】中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で、中国公安当局が日本に捜査員を派遣する方針を固めたことが分かった。新華社通信が3日、報じた。中国で逮捕されたギョーザ製造元、天洋食品の元従業員、呂月庭容疑者(35)について、日本での被害との関係を調べる。

 一方、同通信はこれまで36歳としていた呂容疑者の年齢を35歳に修正した。生年月日が判明したという。

【関連ニュース】
中国毒ギョーザ:家族思い、いい子だった…容疑者の両親涙
中国毒ギョーザ:「殺虫剤を3回混入」…公安省が経緯説明
中国毒ギョーザ:メタミドホス、工場で入手 公安省が会見
中国毒ギョーザ:発覚直後に在庫を投棄 天洋が証拠隠滅か
中国毒ギョーザ:罪名は「危険物質投与」 最高刑は死刑

「当日」に近いほど格安 ギリギリ予約で得するレジャー(産経新聞)
中井氏、週刊新潮に反論「路上でキスは1回もない」(スポーツ報知)
【選抜高校野球】帝京 快音なし4強逃す(産経新聞)
蓮池さん家族、給付金を辞退=「自立、確立できた」−新潟(時事通信)
<笠間市長選>山口氏が無投票再選 茨城(毎日新聞)
[PR]
by vyhyjz9n9t | 2010-04-05 16:06