<火災>住宅全焼 認知症の母親と帰省の長男焼死か 長野(毎日新聞)

 1日午前0時10分ごろ、長野県栄村堺の無職、山田ふみよさん(82)方から出火、木造一部2階建て住宅延べ約200平方メートルを全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。山田さんと長男で長野市神明の左官業、孝行さん(59)の行方が分からなくなっており、県警飯山署は遺体はこの親子とみて、出火原因などを調べている。

 同署によると、山田さんは1人暮らしで、孝行さんは先週末から帰省していた。近隣住民などによると、山田さんは認知症を患っており、孝行さんや他の子供たちが様子を見るため交代で帰省していたという。

 現場は新潟県にまたがる観光地「秋山郷」の一角。【大平明日香】

【関連ニュース】
自殺か:全焼の乗用車から警視の遺体 奈良
火災:早朝、福岡名所の博多川端商店街で10店舗焼く
火災:住宅が全焼し2人が死亡 石川県輪島市で
宮城アパート火災:心肺停止状態の4歳女児死亡
お手柄中3生:火災の住宅から幼い姉妹ら救出 大津

イルカ漁隠し撮り米映画、画像修整して公開へ(読売新聞)
元親族男? 焼け跡に遺体 亀岡・放火 レンタカー押収(産経新聞)
<元駐日米大使補佐官>「岩国で核保管」66年に3カ月以上(毎日新聞)
「ツイッター大臣」批判の読売記事 フリージャーナリストらから反論続出(J-CASTニュース)
「普通の人」の犯罪防げ=万引き対策で初の会議−警察庁(時事通信)
[PR]
by vyhyjz9n9t | 2010-03-08 19:33