排煙設備が基準満たさず=窓に板、機械なく−居酒屋火災で区調査・東京(時事通信)

 東京都杉並区で昨年11月、4人が死亡し、12人が重軽傷を負ったビル2階の居酒屋火災で、店の排煙設備が建築基準法の基準を満たしていなかったことが22日、区への取材で分かった。
 警視庁捜査1課などは店の安全管理体制に問題がなかったか調べている。
 同課などによると、火災は昨年11月22日午前9時すぎ、同区高円寺南の「石狩亭」で発生。厨房(ちゅうぼう)から火が出て天井に燃え移り、数分間で店内に煙が充満し、従業員2人と客2人が一酸化炭素中毒で死亡した。
 建築基準法では、一定規模の店に、トイレなどを除く床面積の50分の1以上の面積で窓が開くか、排煙のための機械を設置するよう義務付けている。
 区によると、火災を受けて同店を調査した結果、8枚ある窓のうち、少なくとも3枚に板が打ち付けられるなどしており、開く面積が基準の約40%だった。排煙用の機械も設置されていなかったという。 

【関連ニュース】
結婚詐欺 連続不審死事件
死亡男性のバッグ持ち出しか=木嶋容疑者、偽装工作の疑い
車の鍵、遺書なく…=不審点捜査、「自殺」覆る
連続不審死、35歳女を逮捕=練炭自殺装い男性殺害の疑い
パロマ工業などと初の和解=遺族に8600万円支払い

<五輪招致>活動報告書 収入不足7億円、電通から借り入れ(毎日新聞)
日医、医学部新設には「反対」(医療介護CBニュース)
パチンコのモニター登録料名目で現金を詐取 被害は全国で約3600万円か(産経新聞)
【こども】利き手とどう向き合うか 矯正の心的負担かけず見守る(産経新聞)
“夢の原子炉”もんじゅ14年ぶり再開へ 機構が福井県に協議願い(産経新聞)
[PR]
by vyhyjz9n9t | 2010-03-01 08:40